トップ

タバコの口臭予防

タバコの口臭の原因について

タバコで口臭がきつくなる?

自分の口臭が気になっていませんか?
近頃は若い世代でも悩んでいる方が多いようです。その原因として挙げられるのがタバコ。タバコって吸い出すと依存してしまいなかなかやめられませんよね。特にアルバイトや就職活動、人間関係なんかでイライラすると、ついつい手を出してしまって吸ってしまうんですよね。

最近では、若いころからタバコを吸っている人も多くいます。口臭は気になるけれど、日々の学業やアルバイト、就職活動が忙しくて、ゆっくりと歯医者に通う時間もない。
自宅でできる簡単ケアはやはり歯磨きでしょうか。

・口臭が生み出す、数々の悩みとは?
ところで、タバコを吸っている人なら、こんな状況になったことがあるのではないでしょうか。
今まで、近くでべったりしていた甘えたの彼女が距離を取り始めてきた。どうしてか理由を聞いたところ、口臭がきついからとカミングアウトされてしまった。こんなことを愛する彼女に言われると、かなりショックですよね。

また、ダイレクトに言われなくとも、周りの友達が自分と話すときに、微妙な距離感で話してくることはありませんか?友達だからはっきりとは言えなくても、そういう距離感ももしかすると口臭のせいかもしれません。口臭がきつい人と話をするときって、近づいてみると、口臭が気になるために、ある程度距離を取りながら話す人が多いんですよね。

でも、口臭って、歳を取った人の悩みってイメージがありませんか?そう思って放っているとどんどん悪化していってしまいますよ。

・口臭の原因
そもそも、タバコを吸う人の口臭の原因はどのような事か知っていますか?
それは、タール成分の臭いが影響しています。よく、着色汚れなんて呼ばれているタール成分は、発がん性もあり、強烈な臭いを持っています。タバコを吸うことでそれが体に入るのですから、少なからず臭ってしまうのです。

さらに、唾液量の低下も原因となります。タバコを吸うと、ニコチン成分が体の中に入り込みます。その結果、血管が収縮し、血流が悪くなってしまうのです。すると、体内の水分分泌も上手くいかなくなり、唾液量が減り、口が乾燥しやすくなります。
この状態では、細菌が繁殖しやすく、結果として口が臭くなってしまいます。
それゆえ、口臭を少しでも減らしたいのであれば、たばこの量を減らしたり、うがいなどを頻繁にして、唾液量を増やすことも大切ですよ。

© Copyright タバコの口臭の原因について. All rights reserved.