トップ / 口臭に効果的な歯の磨き方

タバコの口臭予防

口臭に効果的な歯の磨き方

正しい歯磨き方法で口臭予防を

歯磨きをするときに、いちいち時間を長く取って磨く人って本当に少数派なのではないでしょうか。しかしちょっと奮発して良い歯磨き粉を買ってみると、その使い心地がクセになって、歯磨きの時間が待ち遠しくなっていくんです。

特に、磨き上がりがスッキリ爽快なミント系のものは、ついついそのすっきり感を感じたくなり、歯磨き自体も楽しくなって、積極的にするようになっていくんですよね。

どうせ歯磨きをするのなら、口臭予防に効果のある磨き方をしてみませんか。

・歯磨きをするタイミング
よく、食事の後は、食事のカスなどの汚れを落とすためにすぐに歯磨きをしなさいと言われますよね。
しかし、口臭を予防したいのであれば、口の中に存在する雑菌や細菌が繁殖することを防ぐことが大切なのです。そのためには、口の中の唾液分泌を良くする必要があります。

食後というのは、食事によって分泌される唾液の量がピークを迎えている頃です。ということは、雑菌などの繁殖も抑えられている状態なのですね。そんな時に歯磨きをしてしまうと、一気に唾液の分泌量が下がってしまいます。
ということは、食後すぐに歯磨きをするのはNG。軽いうがい程度にとどめておくのが良いでしょう。

では、どのタイミングで歯磨きをすればよいのか、1日に行うべき回数も気になりますよね。

みなさんは、一日の生活を通じて、一番雑菌が繁殖しやすい時間帯を知っていますか?
それは、眠っている間なんです。眠っている間って、食事をしないから唾液の分泌力が低下しますよね。だから、眠る前と、朝起きた時に歯磨きをするのが最も効果的と言えます。

・歯磨きをする時間
また、長時間歯磨きをすれば汚れも落ちる気がしますが、これは間違いなのです。きちんとした磨き方をしているなら、長時間磨かなくても大丈夫です。

磨き方としては、歯ブラシのブラシ部分が歯と歯の溝にしっかりと入り込むように磨いていきます。あまり力を入れ過ぎると、歯茎を傷つけてしまう可能性もあるので、注意しましょう。
何度もブラッシングを繰り返すことで、歯間の汚れも確実に落ち、雑菌が増えるのを抑えてくれますよ。

© Copyright タバコの口臭の原因について. All rights reserved.